ヨガとピラティスの違いって?

ヨガとピラティスの違いって?

実はピラティスは、ヨガから派生して生まれたエクササイズです。
このため、ピラティスとヨガにはよく似た特性が多くあり、「ピラティスとヨガはどこが違うのか?
」と疑問に思う人も少なからずいます。
ですが、ヨガとピラティスにはいくつかの決定的な違いがあります。
まず、ヨガとピラティスでは、呼吸法が違います。
ヨガでは腹式呼吸で行うのが基本となっていますが、ピラティスは胸式呼吸で行います。
この呼吸法の違いだけでも、エクササイズとしては根本的に違うものとなるでしょう。
さらに、動作の仕方や目標にも大きな違いがあります。
ヨガはゆっくりとした動きと止めのポーズにより、様々な効果を発揮します。
それに、人によっては難しいと感じるポーズも多いです。
ヨガの主な目的は、精神鍛錬といわれています。
ヨガをすることで、結果的に筋力がアップしたり、ダイエットできるということもあるでしょうが、一番の目的は精神的にリラックスしたり、ストレスを解消したりという心への効果です。
一方、ピラティスというのは、常に動いているエクササイズで、それほど無理な動きはなく、止めのポーズを保つということもありません。
ピラティスの主な目的は、身体の深層部の筋肉を鍛えることです。
身体の深層部の筋肉を鍛えることで、肩こりや腰痛が改善する、ダイエット効果が得られる、集中力が高まるなどの効果が得られることもあるでしょう。
日本では、瞑想といった精神鍛錬よりもエクササイズ性を重視したヨガも多いですし、どちらが自分に合っているかは実際に試してみないとわからないかもしれませんね。

関連ページ

ピラティスの歴史って?
「ピラティス」ってご存知でしょうか。ピラティスとは、リハビリをもとに考え出されたエクササイズです。運動時のけが防止や回復力向上に効果があるとして期待が高まっています。ここではピラティスが一体どんなものなのか解説しています。
ピラティスってどんな効果がある?
「ピラティス」ってご存知でしょうか。ピラティスとは、リハビリをもとに考え出されたエクササイズです。運動時のけが防止や回復力向上に効果があるとして期待が高まっています。ここではピラティスが一体どんなものなのか解説しています。
ピラティスの6つの基本原理って?
「ピラティス」ってご存知でしょうか。ピラティスとは、リハビリをもとに考え出されたエクササイズです。運動時のけが防止や回復力向上に効果があるとして期待が高まっています。ここではピラティスが一体どんなものなのか解説しています。
ピラティスにも種類がある?
「ピラティス」ってご存知でしょうか。ピラティスとは、リハビリをもとに考え出されたエクササイズです。運動時のけが防止や回復力向上に効果があるとして期待が高まっています。ここではピラティスが一体どんなものなのか解説しています。
ピラティスのコアマッスルって?
「ピラティス」ってご存知でしょうか。ピラティスとは、リハビリをもとに考え出されたエクササイズです。運動時のけが防止や回復力向上に効果があるとして期待が高まっています。ここではピラティスが一体どんなものなのか解説しています。